宮島の四季〜初秋・たのもさんPart1

平成13年9月17日撮影

 たのもさんは、旧暦の8月1日に行われる紅葉谷にある四宮神社(しのみやじんじゃ)の例祭です。四宮神社に家庭などで作った「たのもせん」と呼ばれる船をもっていき、午後8時頃に神官による祭事が行われます。祭事が終了すると頃厳島神社境内の中や御笠浜から海に流します。その時には、中に餅粉などで作った家族人数分の人形(犬の人形も必ず入れる)や供えものを乗せます。
 
たのもせん
これがかわぐちの「たのもせん」です。ちょっと飾りがさびしいかも・・・
家々のたのもせん1
各家庭で作られたたものせんです。五穀豊穣、家内安全、商売繁盛など願い事はさまざま
上野家のたのもせん
昔は、男の子の名前「○○丸」と書かれていましたが、最近はいろいろあるようです。
家々のたのもせん2
豪華です。かなり力入ってます。
龍俊丸1
あまりうまく写りませんでしたが、龍の彫り物です。
船の名前も「龍俊丸」
龍俊丸2
これが「龍俊丸」
たのもせん3
今回は小学校などで、自分のたものせんを作ったらしく、かわいい船がたくさんありました。
たのもせん4
みんな自分で作ったたのもせんの前で記念撮影です。
人形1
船の中に入れる人形です。一番左端が犬です。わかるかな?
人形2
後ろには、山を書いて太陽を書きます。

part2へ

戻る